診断を受けている子供

矯正歯科の利用

矯正

歯を矯正してもらうには「いつもの歯医者」で矯正してもらう方法と「矯正歯科」で矯正してもらう方法があります。もちろん行きつけの歯医者が矯正歯科をやっている歯医者ならばそこでやってもらえばいいでしょう。

この記事の続きを読む

歯科のケア

女性

歯科ケアを行なうと虫歯や口腔トラブルを避ける事が可能です。まずはケアを常々行なう週間を身につけることが大切といえるでしょう。近年では予防歯科も発展してきています。

この記事の続きを読む

歯医者の現在

男性

歯科クリニックに通うことで虫歯以外にも様々な口腔治療を行なうことが出来ます。治療の幅は非常に広く審美治療も盛んに行われるようになってきました。今後も広がっていくと見られます。

この記事の続きを読む

歯科クリニックの進化

幼児

定期的な歯科検診について

歯科クリニックは多くの数が存在しますが、すべての歯科クリニックで同じ治療を行なっているかといとそうではありません。というのも、最近では症状が出る前から積極的に行う予防歯科が注目されているのです。予防歯科とはその名の通り、虫歯や歯周病の症状を進行させないための治療のことです。 定期的な歯石とり、ホワイトニング、歯磨き指導などがそれに含まれます。 一見面倒くさそうに思われるこの治療ですが、定期的に行っておくだけで歯周病や虫歯のリスクをかなり減らすことができます。さらに、それによって治療費の削減にも繋がっていくので、経済的な面でもメリットが大きいのです。

プラークコントロールについて

定期的な歯科検診において重要になってくる歯石とりですが、実はこれ、歯周病や虫歯の予防にかなり大きな効果があるのです。というのも虫歯や歯周病の多くはこの歯石が蓄積されることで発生していきます。歯石はどんなに毎日のケアを徹底していてもたまっていくものです。その人の歯並びや歯磨きの仕方によっては、少し放っておくだけですぐに症状が進行してしまうということもあるのです。 もちろん、定期的、大体1か月から3か月に一度、プラークコントロールのために来院しておけばなんら問題はないのですが、もしも自分が虫歯になりやすいと自覚している場合は注意しておいた方が良いかもしれませんね。 歯科クリニックによってはより徹底したプラークコントロールが可能なところもあるので、気になる人は一度チェックしてみるといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加